僕 が 君 の た め に 笑 お う

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ずっとずっと fall in love
 
こんばんはヾ(´▽`)

MCとshow time編UPした翌日に舞台編1幕のネタばれ書いたんですが全部消えちゃったんでやる気失せてましたorz

なんとか気を取り直して今日は1幕の途中までですががんばりゅーたヾ(^▽^)ノ

はやみにコメレスです★
反転でよろしく(*^_^*)

コメありがとーヽ(´ー`)ノ
コメ返行こうと思ったんだけど、携帯からしかコメ出来ないみたいなのでここで失礼させてもらいますorz
きみまぼの竹本は本当にかっこよすぎる(*/∇\*)
他担のうちでさえ、きみまぼの竹本はやばいと思ったもんww
でも、やっぱり1番は轟の龍太くんかな←
白いプリッツうけたね\(^O^)/
そういえば蹴られてたヾ(;▽;)
毎日看守会議のネタだけネタばれ探してるんだけど
かなりクオリティーあげてるよ、彼←
昨日だかに、謎かけしたみたいだしヾ(゜д゜)

轟の振りは言ってくれたらいつでも教えます♪(笑)
はやみに会う前日の隣の人もがっつり踊っててさ
しかも、バックのじゅにぼのダンスとか真似てて
やばかったよ;

こちらこそ、会ってくれてありがとう!!
また機会があったら是非是非会ってやって下さい★
いつか静岡から一緒に遠征出来たらいいなヽ(`ー´)ノ


 

 
幕開いて、少し暗めのステージで看守数名が囚人を連行

そこからのまさかの和風の衣装着たWEST登場
扇子使ったダンスとかしててかっこよかったっす♪
BAD・BOYS・べてもユニごと登場
千崎・康二で1人1人でダンス
べては和太鼓もやってました(*^_^*)
そして殺陣開始
みんな本当にかっこよかったです!
ただ一気にジュニアいっぱいで龍太くん見るので3公演ともいっぱいいっぱいだった自分orz
龍太くんは基本流星と殺陣で、途中で台の上で大智と見せ場チックな殺陣←
桐山が大智に首をとられたり、淳太くんvs濱ちゃんもあったり
横1列でメインメンバー並んで後ろの布に「少年たち」の文字
このときの龍太くんがばかかっこよかったんですがヾ(゜д゜)
そしてしげっちがお面つけてダンス
長めの衣装を脱ぐと囚人服着たしげっち。そこから物語はスタート

囚人:BAD/BOYS/7WEST/千崎・黎哉
看守:veteran/Gangstar
(『』は曲です)

囚人たちが喧嘩してるシーンから始まる
そこに看守が止めに入る
しかし囚人たちは喧嘩をしてないと言い張る
看守たちは囚人たちに何をしてたか聞く

黎哉・濱ちゃん・千崎(?)
胸ぐらを掴んで殴ろうとする・・・・からのあっちむいてほい!
負けて悔しがる黎哉くんかわいいww
菊さん「そうか!あっちむいてほいか!お前たちおもろいな〜」
龍規(?)「なわけないやろ」

竹本・淳太くん・大智(?)
しゃがんでる竹本の背中を蹴る2人
竹本「もうちょっと上!…ごーる!!!!」
淳太くん「僕たちはこうやってパラグアイ戦の予想をしてました!これで優勝間違いなし」

拳の硬さを確かめ合ってました(誰が言ってたか忘れましたorz)
新垣「お陰で八重歯が治りました〜!」
文「見せてみ?治ってないやん!」

流星「僕たちはストレッチしてました〜」

一向に反省の気配のない囚人たちに所長菊さん「お前らいい加減にしろ〜!」
『俺たちは上等』
ざ・ミュージカルって感じの昭和な香り漂う1曲(笑)
最初のソロを歌う濱田さんを押さえつけてるのが龍太くんww
その押さえつけてるときのちょっと斜めな感じの龍太くんがツボな自分(黙)
看守さんたちの台詞が途中途中で入ります
龍規「誰が上等や!!」
文「何をゆーてんねん!!」
龍太「真面目に考えろ!!」
マーシー薫太「いい加減にしろ!!」
一旦曲ストップ、看守はける
龍太「お前ら次喧嘩したら晩飯抜きやぞ、分かったな!」
囚人「はーい」
濱田「ってなるかぼけー!!」
囚人「ぼけー!!」
囚人のみで曲再開

曲が終わると花道から日記を書きながらしげっち登場
重岡「今日も空はこんなに青いのに…」
淳太くん黎哉千崎桐山登場
しげっちタイヤで出来たブランコに乗る
重岡「ブランコ乗ってたら自分やなくて世界が揺れてるように感じるねん」
桐山「そんなの信じるやつおるわけないやろ」
淳太くん「(しげっちの腕をつんつんしながら)代わってほしいなあ〜」
桐山「おったし」
しげっちにブランコ代わってもらって喜ぶ淳太くん(*^_^*)
(11日にタイヤにお尻がハマった淳太くん(笑)「ハマったハマった」って口パクで千崎とか黎哉くんに助け求めるも全員スルー。結局なんとか自力で脱出してました)
淳太くん「揺れてる揺れてる〜」
千崎「次俺も代わってほし…」
桐山「錯覚や。」
黎哉「錯覚や」
千崎「錯覚や。」
淳太くん「だってさ」
桐山「お前や、淳太。とにかく、俺はここから早く出たいんや」

そこで『僕に聞くのかい』(しげメイン)

一旦暗くなって康二那伊留朝田登場『everything』
客席とかいたるところからJr.が登場し「なんで?」と問います
龍太「何で話さなあかんの?」
龍太「なんで生まれてきてん?」(いっぱいありすぎて龍太くんの台詞覚えるので限界でしたorz)
最後にしげっちが登場
重岡「世の中分からんことで出来てんねん。だから俺たちは問い続けるんや・・・・」

りとぎゃん・じゅにぼたちが看守に愚痴る
「ここじゃ人間扱いされへんやん」
伊藤「そんなことない」
「ここじゃ、家族と団らんすることさえできない」
伊藤「俺らを家族や思ったらええねん。兄貴やと思ったらええねん。」

「俺が生まれたのもこんな空が綺麗な日やったらしいな」
龍規「そうやで」
「空がきれいな日は良くないことが起こるにきまってる」
龍規「そんなこと言うなや」

康二那伊留朝田金内岡崎
「俺らを殴った母さん」
「うずくまる俺らを見て笑った母さん」
「誰があんな母さんのところに戻らなあかんねん」
「腹の中戻ってぶち破ったるわ」

全員「なあ、俺らのことわかってんの?」


ここで一旦切りますーヾ(´▽`)







コンレポ・舞台感想 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>